引っ越しでやることリスト

はじめて引っ越しをする方は、なにをどうしたらいいのか見当がつかないかと思います。

また、はじめての引っ越しでなくても、久しぶりに引っ越しをする場合には、

「前回どうやったっけなあ」

と、何をどうすればいいか忘れてしまっているでしょう。

手順を誤ると、二度手間になってしまったりして、やり直したりと時間と手間がかかってしまいます。

そうならないためには、まず、全体の流れを知るべきです。

この記事では、引っ越しで行うことをまとめて、リストにしました。引っ越しの流れとそこで必要となることは何か、紹介します。

もし、今一人暮らしをしていて、そこから引っ越しをして、別の場所で一人暮らしをするのであれば、今の住居の退去を進めたり、新しい住居を探したり、契約したり…と複数のことを同時並行で進めることになります。

「色々とやることがあって、何をどうやったらいいの!?」

と途方にくれてしまわないように、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

そして、ご自身の引っ越しでやるべきことをリストアップして、次にスケジュールを立てることから始めていきましょう。

やることをリストアップする

引っ越しでやることを表にまとめました。こちらを参考にして、自分の引っ越しでのやることリストをつくってみましょう。

やること いつまでに 内容
引っ越し日を決定する 2ヵ月前 引っ越しの日を決定します。これが決まっていないと、引越し会社に引っ越し依頼する等ができない。
新しい住居を契約する 1~2ヵ月前 不動産屋に行って新しい住居を探し、契約をする。
新しい住居の火災保険の契約 2ヵ月前 新しい住居を決定するときに、契約する。
引っ越し会社を決める
または、自分で引っ越しすることを決める
1~2ヵ月前 相見積をとるなどして引っ越し会社を選ぶ。引っ越しの日時を決定する。遅くても1ヵ月前には決めたいが、経験談として、3週間前に探し始めて、2週間前に決定したことはある。そのときは先約があって引っ越し日を好きに選べなかった。
現在の住居の解約 1~2ヵ月前 引っ越し日、新しい住居が決まったら、不動産会社に行って、現在の住居を解約する。いつ引っ越すのかが決まらないと、解約日も決められない。
粗大ゴミや衣服など処分、整理 1ヵ月前~ 不要なものを処分して運ぶ荷物を減らす。
現在の住居の電気、水道、ガスの解約 1~2週間前 請求書にある電話番号を見て、各会社に連絡をし、解約する。いつまで使用するかを伝え、すぐに解約できる。引っ越し後、最後の月の支払いについても相談する。
新しい住居の電気、水道、ガスの契約 1~2週間前 不動産会社で賃貸契約するときに各会社の連絡先が書かれた書類をもらう。ガス開栓は立ち合いが必要あるので早めに連絡して予約がよい。
現在の住居でのインターネット・電話の解約 1~2週間前 サービス会社に連絡して解約をする。
新しい住居でのインターネット・電話の契約 1~2週間前 サービス会社に連絡して契約をする。
現在の住居の火災保険の解約 1~2週間前 電話連絡するなどして解約する。だいたい書類とかどこにあるかわからなくなっているが、不動産会社で現在の住居を解約するときに、説明してくれるはず。
郵便局の転居届 1~2週間前 最寄りの郵便局へ届けを出す。郵便物を引っ越し先に転送してくれるサービスを利用。
各種サービスの登録住所変更、または解約 1週間前~引っ越し後 携帯電話(スマホ)、ネット、クレジットカード、銀行・証券口座、保険、アマゾン、WIMAX、新聞など。
転出届けの提出 1~2週間前 現在の役所で転出届けをもらって記入・提出する。
国民健康保険の資格喪失手続き
(加入者で他市町村に引っ越す場合)
1~2週間前 現在の役所で手続きを行う。
荷造り 3週間前~前日 2~3週間前から不要品の廃棄を進める。
1週間前に梱包をあらかた完了する。
引っ越し前日に夜~翌朝使うもの以外は梱包を完了する。
ガス使用停止の立ち合い 当日~引っ越し後 ガスの使用停止には、立ち合いが必要となる場合がある。引っ越しをする前に実施するとよい。
引っ越し当日 当日 新しい住居の鍵は、事前に不動産会社に行って受けとっておくか、引越しで移動するときに立ち寄って受けとる。
旧住まい解約のための最終立ち合い 当日~引っ越し後 引っ越し作業をして部屋の中になにも無くなった状態で退去立ち合いを行う。引っ越し日よりも解約日を遅くしておいて、後日にしてもよい。
ガス使用開始の立ち会い 当日 新しい住居へ引っ越しをしたその日に、立ち合いの予約を入れておく(引っ越し作業が終わった後の時間)。
転入届け 引っ越し後 引っ越し先の役所で転出届けをもらって記入・提出する。
印鑑登録 引っ越し後 引っ越し先の役所で登録をする。契約をする場合に必要となる。
国民年金、国民健康保険の住所変更・加入 引っ越し後 新しい住居のある市の役所で手続きを行う。
運転免許証の住所変更 引っ越し後 管轄の警察署、免許試験場で手続きを行う。
ネット回線の手続き 引っ越し後 サービス会社に連絡して手続きを行う。

引っ越しに必要なこととしては、上記したものが基本となります。

他には、部屋のお隣さんに挨拶するとか、職場でお世話になった人への挨拶とか、知人への連絡などありますが、それらをやるかやらなかは、個々人の考えで変わります。僕の場合は、お隣さんはまったく面識がないので挨拶はしなかったです。

実際にどのように進めていくのか、手順を説明をしてきます。

スケジュールづくり

やることをリストアップしたら、スケジュール表をつくります。

きちんと表としてつくることで、この日にこれをやる、いつまでにこれをやる、とはっきりと把握できるようになります。

僕は、エクセルソフトで簡単なものを作成して、まずわかっていることを書き込みました。

会社の転勤で引っ越しことになったので、新しい職場で仕事を始める日は決まっています。まず、その日を表に書き入れる。

この日から全てを逆算して考えていきます。

  • 新しい職場で仕事開始する日はこの日だ
  • その前の休日に引っ越しをしよう
  • 土日休みだけだと余裕がないから有休をもらおう
  • その前の1週間前に梱包を行って進めておき、引っ越し前日に荷造りを完了させておこう
  • 引っ越し業者を選ぶための見積もり依頼を2ヵ月前に出そう
  • 新しい住居も2ヵ月前には選んでおこう

といった具合に、やるべきことリストの内容を、いつまでにやる、いついつやる、と計画を書きこんでいきます。

会社の転勤の場合は、新しい住居で生活を開始し始めたら、すぐに新しい職場での仕事開始となるでしょう。

引っ越しを行って、職場を移る日の周辺については、滞りなくできるように、きちんと計画を練っておいたほうがいいです。

「ざっくりとこの週で○○をして…」と頭の中だけで描くなんとなくの計画ではなくて、「この日に○○と△△をして、この日は会社を休ませてもらって…」など、きっちり決めて、書いたほうがいいです。

エクセルで表にするとわかりやすいです。

そうしておかないと、やるべきことをやらずに、ずるずると先延ばししていってしまう気するし、書き出しておかないと、やるべきことを忘れてしまったりする。

実際の荷造りや運搬作業は、土日の2日間だけで引っ越しを完了させることはできますが、引っ越しした翌日に仕事にいくのはキツイですよ。引っ越し後、1日くらいゆっくりできるように、時間に余裕を持ちたいですね。

会社指示による転勤であれば、少しの有休はもらえるのではないでしょうか。ふだん有休をまったくとっていないのであれば、こういったときに活用したいものです。

引っ越し日を決定する

引っ越しする日を決定しましょう。まずは引っ越しを行う日を決めないとなにも始まらないです。

会社での異動であれば日時は決められているはずです。

新しい住居を契約する

引っ越し日が決まったら、次にやることは、新しい住居を契約する。他に、引っ越し会社を探して選んだり、これまで住んでいた住居の解約をしたりする。

そのなかで、まず何から始めるかというと、新しい住居を探して決めることです。

参考:新しい住居を契約する

引っ越し会社を選んで決める、または、自分で引っ越しすることを決める

新しい住居を決めたら、次は引っ越しのやり方について決めます。

参考:引っ越しのやり方にはどんな種類があるか

引っ越し会社に依頼するなら、相見積をとるなどして、会社を選ぶ。

自分で車を運転して引っ越しをするなら、完全に自分ひとりでやるのか、友人に手伝いをお願いするのかなどのプランを考える。

ちなみに僕は、自分でできそうであっても、引っ越し業者に依頼してしまうのがよいと考えています。

参考:自力での引っ越しするのと引っ越し会社に依頼するのは、どちらがよいか

参考:引っ越し会社に見積もり依頼をし選定する

見積もりを依頼するときには、引っ越し業者を自分で探して、個別に依頼して見積りをとるでもいいのですが、一括見積りサービスを利用するのがいいでしょう。

一括見積りサービスとは、WEBで申し込むだけで、さまざまな複数の会社に一括で見積り依頼をすることができるサービスです。

こちらの記事で解説しています。

参考:引っ越しの一括見積りのメリット・デメリット

への引っ越しで、荷物が極端に少ない場合は、自分で引っ越しをしてもいいでしょう。その場合でも、洗濯機や冷蔵庫など自分で運ぶのが難しいものだけは、配送業者や引っ越し業者に運搬を依頼したいですね。

参考:近所なら自分で車を運転して引っ越しするといい?体験して思うこと

参考:自分で引っ越しするけど、洗濯機や冷凍庫だけは引っ越し会社に依頼したい

引っ越し会社に連絡するのは、早いにこしたことはない。

参考:何日前・何ヶ月前に引っ越し会社に連絡すべきか

実際に見積もりの電話をするときには、話して伝えることを知って、事前にまとめておきましょう。

参考:引っ越しの電話見積もりで話すこと

現在の住居を解約する

引っ越し日が決まったら、現在の住居の解約をしましょう。契約をした不動産会社に行って、解約をします。

解約の連絡は、遅くとも1ヵ月前にはすべき。

一般的に、賃貸借契約契約書には、解約の予告は1ヵ月前にするように書かれていることが多いです。

なので、引っ越し日を決めた後、新しい住居を探して、引っ越し会社を決めて、というのを、遅くとも引っ越しの1ヵ月前までには行っておくことになります。

解約の手続きは、そう難しくなく、時間もあまりかかりません。

参考:現在の住居を解約する。いつまでに、どうやって?

現在の住居の電気、水道、ガスを解約する

現在の住居の電気、水道、ガスを、引っ越しする日で解約しましょう。各業者に連絡をする。連絡先は、請求書や明細書などに記載があるはず。

引っ越しの何日前までに連絡すればいいかは、下記の記事を参考にしてください。

参考:電気・ガス・水道の契約は、引っ越しの何日前に連絡すればよいのか

参考:電気・水道・ガスの解約と解約月の請求書送付先

新しい住居の電気、水道、ガスの契約をする

新しい住居の電気、水道、ガスの契約を行いましょう。これは、現在の住居の電気、ガス、水道の解約を行う際に同時に行ってしまうのがよいでしょう。

参考:引っ越し先の電気・水道・ガスの契約、使用開始の手続き

現在の住居でのインターネット・電話の解約と、新しい住居でのインターネット・電話の契約をする

サービス会社に連絡をして、解約をする。

僕は、UQ WiMAXを使っていた。家に回線を引くことは無くて、もともと持ち運びできるルーターなので、とくに解約をすることなく、そのまま引っ越しして使用できました。

もし自宅に回線を引いていて、引っ越しが多い方であれば、引っ越しを機に持ち運びできるモバイルルーターを使用を検討してみてはどうでしょうか。

各種サービスの登録住所変更、または解約をする

利用している各種サービスで、登録している住所を変更する必要がある。銀行関連であるとか、ふだんよく利用しているWEBサービスなど。

住所変更を忘れていると、むかし住んでいたところに郵便物が届いてしまいます。僕の場合は、クレジットカードおよびバンクカード、証券口座、アマゾン、WIMAX、携帯電話など。

ピックアップしてリスト化して、ひとつずつ連絡するなりネットで更新作業をするなりして、現在の住所から新しい住所に変更します。

荷造りの前に行うこと

荷造りとなると、いよいよ引っ越し本番という感じがしますね。

荷造りをどうやって進めていくか計画を立てるときには、まず一番に不要なモノを処分することを考えましょう。

モノを捨てて荷物を減らすことができれば、梱包する量が減って荷造りが楽になるし、引っ越し料金も安くなります。

だから、これはもっと早い段階、引っ越し会社を選定する前に行っておくべきことです。荷物を減らした上で、またはこのくらいに減らせるとわかったうえで、引っ越し会社に荷物量を伝えるのがよいでしょう。

参考:引越しをラクにするには、荷造り前に物を捨てて荷物量減らすこと

モノを捨てるためには、判断基準が必要です。こちらの記事を参考にしてください。

参考:捨てられないものを捨てるための判断基準

参考:粗大ゴミは早め早めに処分を進めておく

荷造り

実際に荷造りを始めるのは、引っ越しに何日くらい前からにすべきでしょうか?

荷物の多くない単身者なら、実際に梱包作業だけは1日でできるでしょう。最大かかっても2日。

しかし、その前に不要品を処分したり、ダンボール資材を準備したりなどやることとがあるので、やはり早めに進めていくにこしたことはない。

参考:一人暮らしの引越しで、荷造りにかかる日数

参考:一人暮らしの引越しの荷造りは、いつから始めるか

ダンボールやテープに関する記事ははこちら。

参考:ダンボールはどこで入手するか。引っ越し会社からもらうか、買うか

参考:男一人暮らしの荷物はどのくらい?ダンボールは何個分なのか

参考:大きいダンボールと小さいダンボールの使い分け

参考:引っ越しで使うテープの種類とその違い

読書家が引っ越しするときに、一番悩ましいのが本の荷造りですね。

まず、本の量を減らしたいけれども、これが非常に難しい。だけれども捨てて本の量を減らさないと、引っ越しが大変すぎる。

どの本を捨てて、どの本を残すか。その基準について、こちら記事に書きました。

参考:荷造り時「この本は処分する!」と決断するための基準

参考:これをやれば本を捨てられる!大胆な方法は○○を無くすこと

捨てると決めた本は、資源回収に出すでもよいのだが、売るとおこづかいが手に入る。

参考:本を捨てるのでなくて売りたい

また、本の荷造りに関して、下記の記事を参考にしてください。

参考:本は何冊ダンボールに入るか。重くなってもいいか。

参考:本などが濡れないように、雨の日の引っ越しで行う対策

実際に荷造りを始めるときには、細かい点で疑問が出てくるかと思う。次の記事を参考にしてください。

参考:引っ越し前日に本格的に荷造りするときに必要なもの

参考:引越しするときの自転車の運び方

参考:パソコンの梱包に関する注意点。データはバックアップをとっておく

参考:プラスチックの衣装ケースはそのまま運んでもらえるか

参考:小麦粉などの粉ものや醤油などの液体調味料をどうやって梱包するか

引っ越し当日

引っ越し当日の流れを、次の記事にまとめました。

参考:引っ越し当日にやることと1日の流れ

参考:一人暮らしの引っ越し当日、作業の時間はどのくらいかかるのか

参考:引越し会社の人が荷物を運んでるとき、暇だけど何をしてればいいのか

引っ越し日に新居に移動するときに、電車で移動するとなると、新しい住居に到着するのが遅くなってしまうことが多いでしょう。多少の時間であれば、引っ越し会社は待ってくれる。

参考:引っ越し先への到着が遅れ、引越し会社を待たせてよいのか

ガス使用停止の立ち合い

現在の住居で使用していたガスを止めるのに、立ち会いが必要になることがあります。

ガスを使わなくなって、その後退去立ち会いをするまでの間に、ガスの利用を停止するための立ち会いをします。

旧住まい解約のための最終立ち合い

引っ越し作業が終わり、荷物が運び出された旧住居で、退去立ち会いを行います。

退去立ち会いとは、解約の前に、大家さん、不動産会社の担当者、リフォーム会社の人がやってきて、部屋に修復箇所がないかどうかなど確認作業を行うことです。

そして、鍵を返す。

参考:現在の住居の退去前の立ち会い

だから、退去立ち会いをする前に、引っ越しを済ませておかなければならないが、引っ越しの日(引っ越しが終わった後)に退去立ち会いを行うことにすると、時間の調整がとても大変になってしまいます。

参考:引っ越す日に退去立ち会いをするか、後日にするか

ガス使用開始の立ち会い

引っ越し先の新居のガスを使い始めるには、ガス開栓を行わないといけない。引っ越しをして、新居に入った日に、ガス開栓を行いましょう。

引っ越し作業が確実に終わっているだろう時間に、予約をしておけばよいでしょう。

その他にも、新居に荷物が運び終え、引っ越しを終えたら、いくつかやっておくべきことがあります。

参考:引越し先の新しい住居への搬入が終わったらやること

その後

国民年金、国民健康保険の住所変更・加入や、運転免許証の住所変更など細かな手続き行い、晴れて新生活が始まります。

いかがでしたでしょうか。これが、引っ越しをするとき流れ・手順になります。ぜひ参考にしてください。