自力での引っ越しするのと引っ越し会社に依頼するのは、どちらがよいか

自分で引っ越しをしたほうがよいか、引っ越し会社に依頼にしたほうがよいか。

自力で引っ越しをすれば安上がり。

それは確かにそうなのだが、どんなものごとにも、メリットだけでなくてデメリットも当然ある。

  • 自分で引っ越しする場合
  • 引っ越し会社に依頼する場合

のメリット・デメリットを見ていこう。

メリットとデメリット

表にまとめるとこのようになった。

メリット デメリット
自分・知人で作業を行う ・お金がかからない
・引っ越し会社の予約とれないなどの問題がなく、自分のやりたい日にできる
・体力的につかれる
・時間がかかる
・車の手配が必要
・手伝ってくれる人に依頼、謝礼など必要
・部屋内や荷物に破損が生じる可能性が高いうえに、そうなっても保証なし
・ダンボールは自分で調達
引っ越し会社に依頼する ・体力的にラクにできる
・時間がかからない
・部屋や荷物に破損が生じる可能性が低く、そうなったら保証あり
・ダンボールをもらえることが多い
・お金がかかる
・引っ越し会社との調整が必要

自分で作業を行う主なメリットは、お金がかからないことと、自分のやりたい日に作業できることだ。

車をレンタルするにしても、引っ越し会社の予約をとるよりかは、自由度が高い。

3~4月の引っ越しシーズンであれば、引っ越し会社の予約を取るのは難しいが、車のレンタルであればそれよりかは簡単にできるだろう。

引っ越し会社に依頼する主なメリットは、ラクに引っ越しできることと、時間がかからないことだ。

また、作業はその道のプロが行う。部屋の壁や床が養生して傷つかないように保護してくれるし、作業にも慣れている。

部屋内や荷物を、傷つけたり壊したりする可能性は、自分で行うときよりもかなり低くなる。

それに引っ越し会社が荷物を運んで損傷したときには、補償がなされるが、自分で運んでやってしまった場合は、自分で償うしかなくなる。

自分で引っ越しをするときの費用

自分で引っ越しをする最大のメリットは、引っ越し会社にやってもらうよりも、お金がかからないことだろう。それが一番の目的であるはずだ。

たしかに安くなる。

しかし、費用がかかっても引っ越し会社に依頼してしまったほうがよい、と僕は思う。

なぜなら、費用はそこまでの差がないからだ。レンタカーを借りたり、知人に謝礼(1~2万)を渡したり、ダンボールを購入したり、もろもろ合わせると、さほど引っ越し費用に差がない。

今、ニッポンレンタカーのWEBサイトで、ワゴン車のレンタル代金を見たら、12時間で14,148円だった。

知人1人に手伝ってもらって、謝礼を20,000円支払うとする。

ダンボール20個で2,590円かかる。

冷蔵庫や洗濯機だけは、業者に運んでもらうとすると、距離にもよるだろうけど、14,000円とする(僕が近場の引っ越しで洗濯機だけ運んでもらったときには、7,000円程度かかった。冷蔵庫は持っていなかった!)。

合計すると、50,738円だ。

僕が引っ越し会社に依頼してかかった費用は、70,000円程度であった。

19,262円分が浮くことになる。これが、自分で引っ越しをすることで安上がりになる金額だ。

自分での引っ越しでは、お金はかからないが時間はかかる

自分で引っ越しをして、19,262円が安く上がる。この金額をどう思うだろうか。

少しでも安くしたいのであれば、これもいいのかもしれない。知人に手伝ってもらうことはせず、すべて自分でやれば、さらに安くはなる。

自分で行う引っ越しについて、僕が思うに一番イヤなのは、

時間がかかること

である。

ふつうの荷物量があるなら、車1台では、1回の運搬では運べず、2往復とかすることになるだろう。

引っ越しはただでさえ大変なのだから、それに時間がかかって疲弊してしまうのはイヤなぁと思ってしまう。

上記の表を見てほしいが、費用以外の面では、ほとんど引っ越し会社に依頼するほうが優れている(当たり前か)。

費用をかけても、引っ越しをラクにするほうがいいだろうと僕は思う。

引っ越し会社の費用を下げる根本的な方法として、ものを減らすことがある。下記の記事を参考にしてぜひ実践してほしい。

参考:引越しをラクにするには、荷造り前に物を捨てて荷物量減らすこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です