賃貸物件を見学するときのチェックリストと持ち物

物件を見学するときには、実際に見てみないとわからない点を中心にチェックをしていこう。

なにを見るべきか、事前に把握、リストアップして、それから物件の見学に臨むとよいだろう。

インターネットで見られる情報、現場を見ないとわからない情報

ある物件がどのようばものか、インターネットで見ることができる情報は多くあるけれども、そこには記載されていないものも少なくない。

インターネットで確認できることと、できないことは、次のようなものがある。

インターネットで確認できること

間取り、費用、エアコン、ウォシュレット、インターフォン、駐車場、周囲の店などは、インターネットの物件情報で確認することができるものだ。

数字であらわせられることは、インターネットの情報で知ることができる。

インターネットで確認できないこと、見学しないと確認できないこと

実際に見学しないと、ちゃんと確認できないことは、次のことだ。

日当たり、風通し、壁の薄さ、部屋の劣化具合、コンセント、洗濯機・冷蔵庫のスペース、天井の高さ、窓、照明の有無、周囲の環境、アパート、マンションの共有部分の管理状況など。

たとえば、部屋が何畳あるのかは、事前に数字でわかるが、間取りが少し違っていることもあるし、天井の高さによって同じ畳数であっても狭く感じたり、広く感じたりすることがある。

物件の見学でチェックしたいポイント

事前に資料で見た間取りと、実際の間取りが違っている。そんなことを体験したことがある。

資料で見た見取り図では、押入れの位置が四角い部屋の内側になっていて、そのぶん部屋が狭くなっているはずであった。

しかし、実際には、四角い部屋の壁の奥に押入れがあり、部屋内部は四角い形になっていた。

日当たり

日当たりに関しては、窓の向こうに建物がないか、窓はどちらの方角を向いているか、といったことを確認する。

方角は、スマホの地図、またはアプリで確認ができる。

部屋の劣化具合

築年数は、インターネットの情報で知ることができるが、部屋の劣化具合は、実際に見てみないとわからない。

「写真で見るより古い感じがするな」とか、「思ったよりキレイだな」とか思うことがある。

一人用の小さいサイズの洗濯機であれば、まずどこにでも置けるかと思うが、置きスペースの確認は必要である。見学するときにはメジャーを持参したい。

周囲の環境は、引っ越しのトラックがマンションの前に停まれるかどうか、トラックが道を入ってこれるかといった点が気にかかる。

自分の洗濯機や冷蔵庫が置けるか

洗濯機の置き場所に、自分の洗濯機がおけるかどうか確認しよう。

自分の洗濯機のサイズを測って記録しておく。また、物件探しのときには実際に測れるようにメジャーを持っていくようにしよう。

僕は、物件見学のときに洗濯機のサイズの確認のことをすっかり忘れていたことがあった。

本来であれば、まず自分の家にある洗濯機のサイズを把握しておき、 賃貸物件を見学したときに、自分の洗濯機がおさまるかどうか、置き場所を測るべきであったのだ。

しかし、完全に忘れていて、賃貸物件を見学しにいったときに、 洗濯機置き場はここか。あれ、うちの洗濯機は置けるかな?と、思い出したのであった。

一人暮らしの最も小さいサイズの洗濯機を買って使っていたので、まず大丈夫だろうなとは思ったが、きちんと寸法を測って確認すべきである。

「不動産会社の担当者にメジャーありますかね?」と聞くと、車にあると思うので見てきますといったが、戻ってきたら彼は「メジャーはなかっです。いつも車に乗っているのですが…」

しかたないので、A4サイズの紙を当てがって、長辺2枚分+、短辺1枚分だなとかいって測って、A4のサイズはどのくらいのか調べて、サイズを計算した。

カーテンの長さ

窓の大きさも違うし、カーテンの必要サイズを測ろう。カーテンをぶら下げる位置が窓のすぐ上でなくて、もっと上の天井近くからぶら下げるところもあった。

今自分の住んている部屋でつかっているカーテンをそのまま使えると助かる。

天井の高さ

天井が低いと圧迫感がある。

部屋の面積が同じであっても、天井が低い部屋のほうが、狭く感じるだろう。

照明の有無

証明がすでに付いているかどうか。

もし、今住んでいる部屋にはもとから付いていて、見学している部屋に付いていないのであれば、自分で購入してこないといけない。

すでに付いてるほうがありがたい。

見学字の持ち物

メジャー・・・洗濯機置き場やカーテンの設置場の寸法を測る。

チェックリスト・・・どこを見るか、事前に考えておいて、リストにして持っておこう。紙のメモでも、スマホへのメモでもよい。

小さいノート、筆記用具・・・物件に関して、チェックリストを表にして物件数分を用意しておき、それに書き込んでもいい。または、スマホに書き込んでもいいが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です