退去立ち会い前に、修繕や掃除はどのくらい行ったらいいか

退去立ち会いでは、部屋の状況を大家さんやリフォーム会社の人と確認する。

もし、あなたが部屋に住んでいるときに、大きなキズや汚れをつけてしまったのであれば、それを修復する費用は、あなたが支払わなくてはいけない。

借り手の過失は、借り手が負担する。原状回復して、大家にお返しをするのが基本だ。

部屋を借りている人は、あくまでも借りているのであって、他人のものを使わせてもらっている。だから注意をもって使わなくてはいけないと考えるが普通だ。

原状回復とは、元の状態に戻すことだ。

ただし、経年劣化による変化は除外される。時間がたてば自然と劣化してしまうことを、経年劣化というが、あなたが、住んでいてもいなくても経年劣化は起こる。

だから、それはあなたのせいではないし、負担する必要もない。

国土交通省から出されている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を見ると、

たとえば、フローリングのワックスがけは大家さんの負担であるが、借り手の不注意で雨が吹き込むなどしてフローリングが色落ちした場合は、借り手の負担となる。

このようなことが色々書かれている。

それから、契約書に負担する具体的な内容が記載されることがある。これを特約と呼ぶ。

昔に住んでいた住居の契約書を見てみると、こんなことが書かれていた。

  • 室内の清掃代金
  • 喫煙によるクロス壁の張り替え費用(また借主の故意・過失・通常の使用を越える損傷がある場合)
  • その他、自然摩耗と認めがたい破損などの修繕費

これに該当する場合は、借主が費用を負担することになる。新しい住居に住む前には、契約書に記載された特約を、よく確認しておくべきである。

借り手である自分の負担であるか、大家さんの負担であるかは、これらを細かく見ていけばわかってくる。

では、どちらの負担なのかがわかったとして、実際に退去する前には、どのくらい修繕や掃除をしておくべきなのだろうか。

自分が入居したときと同じくらいのキレイさにする

退去立ち会いのときには、自分が入居したときと同じくらいのキレイさにしておく。この判断基準がいいのではないかと思う。

ただし、上記で書いたように経年劣化は直す必要はない。

また、自力で直すことができないものも、直前まで直していなかったのなら、そのままでよいのではないかと思う。

退去前だからといって、すべてを自力で直してなんとかしてよく見せようとするのではなくて、退去立ち会いのときに見てもらって、修繕費用を負担すればよいのではないかという考えだ。

大きな問題は発生したときに言っておくべき

そもそも、退去立ち会いのときにおおごとになるような問題があったら、それが発生したときに、管理会社に相談して直しておくべきことであったのだ。

「窓ガラスにヒビを入れてしまった」

こんなことがあっても(あまりないかもしれないが)、住むには問題ないからといって放置していた。そして、退去立ち合いのときに大家さんが初めて知ったらおおごとになるかもしれない。

これは、住んでいた人が悪いよね、という話になって当然。

退去立ち会いのときに初めて見てもらうのではなくて、そもそも先に言っておこうよという話だ。

自分でできる清掃はしておく

そこまで大きな問題が無ければ、ゴミやホコリが無いようにして、掃除で落とせる汚れは落としておくなど、自力でキレイにすることができる範囲のことをしておけばよいと思う。

たとえば、お風呂場のカビ。自分が入居したときと同じくらいのキレイさにしておくという判断基準で見てほしい。自分が入居したときに、お風呂場にカビがあったら、おかしいと思うだろう。

掃除をすれば、落とすことができるだから、掃除をしてキレイにしておけばいい。

あるマンションで僕が退去立ち合いをしてたとき、大家さんが僕にこんな話をした。

その部屋に僕が住む前に、ある学生が住んでいたそうだ。その学生が部屋から出ていくときの退去立ち会いで、トイレを見たら汚れがかなり蓄積していたらしい。

おそらくその学生は、住んでいる間、一度もトイレ掃除をしなかったのではないかと大家さんが言っていたので、相当な汚れであったのだろう。

清掃会社に頼んで掃除してもらったら、キレイになったらしい。その学生は、大変かもしれないが、自分で根気強く掃除すれば、取り除けた汚れではあったと思う。

ふだんの掃除が効いてくる

日ごろ掃除をあまりしていなくて、汚れが蓄積しているところがあれば、それはきれいにしておくべきだ。

しかし、ふだん、日々きれいに掃除しているのであれば、改めて大掃除することもないだろう。そのままでよいかと思う。

引越しして荷物を搬出したあとには、家具の置かれていた場所にホコリがあったり、ゴミも出てきたりする。引越し後に軽く掃除するくらいですむ。

上に書いた学生の話であれば、そもそも、日ごろから掃除していれば、そんなトイレ状況になどなっていなかったのである。

掃除をしてキレイにしておくことで印象がよくなる

退去立ち合いの日、大家さんやリフォーム会社が部屋に入ったときに、ゴミが落ちていたり、少し掃除すればキレイにできる汚れがあったりしたら、印象があまりよくない。

「こんなに汚してしまって…」と「キレイに使ってくれてたのね」の印象の違いで、敷金から差し引くリフォーム代金の額に影響があるかも。

やはり経年劣化以外の部分で、掃除すればキレイになる箇所は掃除しておきたい。

誠実にやりとりする

大きなキズなどをつくってしまっても、自分で修繕して見てくれだけよくして、うまくごまかして、退去してオサラバしてしまえ!と考えるのはよくない。

経年劣化の分まで自分が負担することはないけれども、自分が傷つけたり汚してしまったものは、自分が負担するのは、当たり前。

ある程度はお金をかけて、しっかりと修繕するべきだろう。支払うべきお金は支払うでよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です