プラスチックの衣装ケースはそのまま運んでもらえるか

一人暮らしの方は、ダンスを使わず、プラスチックの衣装ケースに衣服をしまっている方が多いかと思う。

衣装ケースをそのまま運んでもらえるのであれば、ダンボールに梱包する必要なくて、荷造りが楽になる。

僕が引っ越しするとき、衣装ケースはそのまま運んでもらえた。

どの引っ越し会社でも、そのまま運んでもらえるはずだ。

ただし、注意すべき点がある。

中身は軽いものだけ

まず、中身に入っているのは衣類など軽いものだけであること。

衣服以外の重いものを衣装ケースに入れているのであれば、それは外に出して、ダンボールケースに梱包すべきだ。

また、そのまま運んでくれるからといって、別の重いものをつっこんでしまえ!というのはナシだ。

インターネットで引っ越し体験の話をいろいろと調べてみたが、中身が衣服であればそのまま運んでもらえたという声ばかり。

運んでもらえなかったのは、中に衣服以外のものを入れていた場合だけ。たとえば、雑貨を入れていた場合はダメだったという声があった。

引き出しやフタをテープで止める

そのまま運ぶと、引き出しが開いてしまったり、あるいはフタするタイプならフタがとれて落ちてしまったりする。

そうならないように、テープで止めておくこと。テープは弱粘性のテープがよいだろう。

ふつうのガムテープを使うと、はがしたあとにベタベタが残りやすい。

養生テープなどの弱粘性であれば、はがしたあとでも粘着物が残らない。フタを止めておくのに必要な粘着力はある。

※養生テープは止める力は弱いので、ダンボールに使ってはダメだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です