本は何冊ダンボールに入るか。重くなってもいいか。

本をたくさん持っている方は、荷造り後には本を梱包した重いダンボールがいくつもできる。

荷造りをする前に、ひとつのダンボールで何冊くらいの本が入るか、知っておきたい。

ひとつのダンボールに何冊の本を梱包できるか

過去に引っ越ししたときに、梱包できる冊数を数えてみた。

ダンボールは、35×35×35(高さ)cmサイズを使って、

  • 単行本(ソフトカバー)だけで40冊程度
  • 新書、文庫本(小さい本)、単行本ミックスで50冊程度

の本が入った。

新書・文庫本だけだとさらに入る。

ダンボールは重くなるけど大丈夫か

自分が運べる重さなら問題ない

引越し業者からもらったダンボールは、

  • Sサイズ 35×35×35cm
  • Mサイズ 50×35×35cm

であった。

本を梱包するダンボールは、大きくない方がよいだろう。大きいダンボールサイズいっぱいに本を詰めると、重くなりすぎてしまって扱いにくくなるからだ。

僕は、35×35×35(高さ)cmサイズのダンボールに梱包したのだけど、自分で持ってみて、重いけどまあがんばれば運べるなという重さだった。

単行本ソフトカバーの本は、300g程度だ。35×35×35cmサイズのダンボールに40冊ほど入ったから、梱包後のダンボールの重さは、

300g×40=12000g

=12kg

となる。

12kgくらいの重さなら、引っ越しのプロにとってみたら、たいしたことはないのだろう。

そう思う理由は、実際に引っ越し業者の人の作業を見たら、本の入ったダンボールを2つ重ねてまとめて運んでいたからだ。

2つ重ねたら24kg。さすがに重いと思うのだが、それでもサクサクと運んでいた。

35×35×35(高さ)cmくらいのサイズのダンボールに梱包するなら、引越し業者の人にとってみたら問題ない重さなのかも。

一つのダンボールの重さを減らすなら、途中まで本を詰めて、最後の上のほうには軽い別のものを詰めるのもよい。

大きいサイズでの梱包は避ける

とはいえ、大きいサイズで梱包するのは避けたほうがよい。

さすがに重くなる

Mサイズ 50×35×35cmのダンボールで梱包したとすると、重くなって運ぶの大変だ。引っ越し業者の人もさすがに2つまとめて運ぶのは難しいのではないかと思う。

また、自分にも不利益がある。

ダンボールに梱包した後に、ジャマだとか、引っ越し業者が運びやすい位置に置きたいなどの理由で、少し場所を移動させることもある。

そのときに、あまりに重いと大変だと思う。腰を痛めそう。

ダンボールの底抜けが心配

それから、重くなりすぎると、底抜けが心配になる。

業者からもらった強度のあるダンボールで、底をテープでしっかりとめてあれば、大丈夫かとは思うが、自分で調達してきたダンボールをつかっていて、底のテープのとめ方も貧弱だと、底が抜ける可能性はある。

昔、自分で荷物を運んで引越しをしたときに、大きいダンボールに大量に本を詰めて運んだことがある。

自分の部屋のドアを出てすぐ、マンションの通路でダンボールの底が抜けてしまい、大量の本をぶちまけてしまったことがある。

さらに悪いことに、ちょうど雨が降っていて、地べたが濡れていたので、本が湿ってしまった。

大きいサイズのダンボールしかない場合、ぎっちりと本を入れてしまうと、とても重くなるので、ダンボール内の上部分にスペースを開けて、軽くした方がよい。

ただし、そのダンボールは上部がスカスカのままだと強度が弱くなり、その上には重いダンボールを置けなくなる。なにかしら別の軽めのものを詰めたほうがよい。

運ぶ本を減らそう

大量の本を運ばなくてはならない読書家にとって、引っ越しは悩ましい。

できるかぎり運ぶ本の量を減らしたいものだ。つまり、本を捨てようということ。

本は捨てようと思っても、なかなか捨てられない。捨てる本をどうやって選ぶか、その基準を書いた。

参考:荷造り時「この本は処分する!」と決断するための基準

参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です