引っ越しで使うテープの種類とその違い

粘着テープには、

  • クラフトテープ(紙テープ)
  • 布テープ

の2種類ある。また、引っ越しでよくつかわれるテープに

  • 養生テープ

がある。

一般に、粘着力・強度が高くなると、価格も高くなるので、どこに、どの様につかうのかによって、つかい分けをしたい。

テープの種類とその違いを見ていこう。

クラフトテープ

一般的によくつかわれる。粘着力は強め。引っ越し会社からダンボールをもらった場合は、一緒にテープもついてくる。そのテープがクラフトテープが多いだろう。

手でまっすぐ切ることができない。

布テープ

クラフトテープよりも布テープのほうがさらに粘着力が強い。手で真っすぐ切ることができる。

ダンボールの強度を出したいときには、布テープをつかう。

強度があるぶん、価格は高くなる。

養生テープ

剥がしやすく、貼りつけたところにベタベタがつかない。手で簡単に切ることができる。

だが比較的に強度は弱めで、仮止めに使われるようなテープだ。

衣装ケースは中身が衣類ならそのまま運べる。衣装ケースの引き出しなどを止めるのに役立つ。

布テープをつかうと、貼ったところがベタベタになりやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です