独り暮らしで転勤や転職で引っ越すときに会社の近くに住むべきか

社会人の引っ越しは、仕事事情に関連していることが多いですよね。転職をして引っ越しをする。転勤で引っ越しをする。職場は変わっていないけど引っ越しをする。

そのときには、職場の近くに住むかどうか考えることになります。会社のあまりに近くに住むと、通勤はラクでいいですが、仕事ばかりの人生になってしまそうです。会社を出たら、どこにも寄り道せずに家に帰ったりとか。

だから、会社から少し離れたところで、雰囲気よい街に住みたいなとか考える方もいるかと思います。

でも、それはやめたほうがよい、という話を書いていきます。

職場の近くに住むべき

一人暮らしをするときに、職場の近くに住むべきかどうか…。

その答えは、職場がどこにあるのか、そして、どういうライフスタイルをとりたいかによります。会社の近く=自分にとって住みやすい場所、ではありません。

雰囲気がよい、快適で、治安のよい街に住みたいと思う。でも、職場付近はそうでないから、離れた場所を選ぶ。色々なお店が近くにある、にぎやかなところに住みたいと思う。でも、職場付近はそうでないから、離れた場所を選ぶ。そういったことがあるかと思います。

しかし、バリバリと仕事をして、自分を成長させて、成果も出したい。というのであれば、職場が都会にあろうと田舎にあろうと、できる限りその近くに住むべきでしょう。

職場が都会のど真ん中だと、その付近の家賃も高くて嫌でしょうから、少し離れた場所にするのは仕方ないにしても、できる限り近い場所を選ぶべきです。

家族暮らしであれば、子供など家族にとって、よい環境に住みたいと思うはずで、そうであれば話は別ですが、独り身で、ガンガン仕事をしたいと思っているのであれば、会社の近くに住むべきだと思います。

会社の近くに住むべき理由

電車通勤による体力消耗を避ける

まず、電車通勤は避けたいですし、乗るにしても、できるだけ乗車時間を少なくしたいものです。

ラッシュに巻き込まれて出社するとなると、それだけで体力を消耗してしまうからです。

通勤電車によって職場に到着した時点で消耗しており、そこから仕事を始めるとなると、よいスタートダッシュを切れないでしょう。

帰りの電車も同じです。会社の仕事が遅くなって電車に乗って帰るとき、混雑していると休めないし、家に着くのは遅い時間になるので、家でも休む時間が少なくなります。睡眠時間も減るでしょう。

でも、住まいが近ければすぐに帰って休むことができますね。早めに床につくことができて、睡眠時間も確保でき、翌朝にも影響は少ないでしょう。

自分の時間が増える

通勤時間が減って、自分の時間が増えることですね。

転職、あるいは転勤したばかりのときには、新たに覚えることがたくさんありますね。しばらくの間は、仕事が終わってからの復習時間が必要だと思います。

通勤電車内でそれをすればいいのではないか。書類を見たり、本を読んだり、スマホを見ればよいと思うかもしれないが、混雑した通勤電車を侮っていはいけません。

通勤ラッシュの中では、あまり集中できないでしょう。

普段、僕は自転車通勤をしているのだけど、たまに通勤電車に乗ることがある。電車の中でこれから仕事に行く人たちをみると、本や新聞を読んで、勉強や情報収集をしている人は少ない。

集中しなくてはいけないようなことを、満員電車のなかではなかなかできません。

スマホを見ている人は、僕の観測範囲では、ゲームやSNSのようなものをしていることが多いです。ゲームやSNSなら、混雑した電車内でもできるけど、集中して読まないといけないような読書はすることは、できなくはないがやりにくい。

会社の近くに住むことで、家に帰ってから時間があるので、日々の勉強時間を確保できるようになります。

家賃が安くても電車代がかかる

交通費がしっかりと出る会社、出ない会社があるでしょう。もし、出ない会社であるならば、都会の職場から離れた場所に住んだとしても、交通費がかかる分、出費はかわらないかもしれません。

これでは、家賃を安くするために職場から離れた住まいを選んだのに、その意味がなくなります。たとえば、家賃を安くするために職場から離れたところに住み、通勤電車の定期券が10,000円であったとします。そして、交通費が支給されないとすると、職場の近くで10,000円程度は家賃が高いところに住むのと変わりません。

何を優先して住む場所を決めるか

一人暮らしの住まいを決めるときの条件には、

  • 職場の近くに住みたい
  • 通勤電車に乗りたくない
  • 雰囲気のよい街に住みたい
  • 緑のある街に住みたい
  • 家賃の安いところに住みたい

色々な望みがあるでしょう。すべてをとることはできないのだから、何を優先するかという話になりますね。

若い人で、これから仕事を頑張っていきたいと思うのであれば、職場から近いかどうかという基準をもっとも重要視するべきです。

職場の近くに住むのが絶対よいと僕は思います。できれば、徒歩圏内、自転車圏内。

物件を選ぶときにもメリットがあります。職場から近いかどうかでまず判断をするので、物件を選ぶのも簡単になるでしょう。

職場から離れた場所を選んだ過去

むかし、社会人になって少しして一人暮らしを始めたとき、僕が選んだ場所は、職場から少し離れたところでした。

なぜか。会社は都会のほうにあったが、自然に近いところに住みたいと思ったからです。

僕はアウトドアが好きで、週末には自然のあるところへ出かけたいなと思っていました。会社は都会のほうにあり、僕が住んだのはそこから電車で8駅分、山がある自然に近くなった場所を選んだのです。

僕が選んだ場所を知った会社の社長からは、

「センスないね」

と言われました。

当時の僕にしてみれば、よい選択と思っていました。会社にもある程度近くて、週末にはアウトドアにも行ける。

しかし実際は、毎朝混雑した通勤電車で疲弊をして職場に行っていました。帰りも、慣れない仕事で疲れて早く家に帰りたいのに、8駅分、電車に乗らなくてはいけませんでした。

今、これを書いていると、社長と同じ気分になります。たしかにそうだ。住居の選択にセンスがなさすぎた。

あなたは同じ轍を踏まないでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です