シェアハウスへ引っ越しするときの荷物は、何をどうやって運ぶ?

シェアハウスでは、家具や家電がもともと備わっていることが多いです。

家具・家電が備わったシェアハウスに引っ越すのであれば、最低限の荷物だけで引っ越しをすることができます。

家電は共有のものを使えて、家具も部屋に備えてあるシェアハウスが多いです。どのようなものがもとから置かれているのか、物件を見学する際に確認は必要ですが、基本的に引っ越しのときの荷物はふつうのワンルーム部屋に引っ越すときよりも、かなり少なくなるはずです。

僕は実家からシェアハウスに引っ越しをしたことがあります。

共有スペースには、

  • キッチン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ

などが備わっていました。

シェアハウス内の個室部屋には、家具付きの場合と家具なしの場合がありますが、僕の住んだところは、家具が付いていました。

家具付きの部屋であれば、

  • ベッド
  • イス
  • タンス
  • カーテン

などが備わっているはずです。身軽に入居することができますね。

自分で持っていくものとしては、最低限必要なものは、

  • 衣服や靴
  • 衣服の収納に使うハンガーや衣装ケース
  • 歯ブラシ、シャンプーやらタオルなど生活用品
  • パスポートや年金手帳等、貴重品類
  • 食器

くらいです。あとはスマホとか使用している小物。

僕がシェアハウスに引っ越したときには、旅行で使うボストンバッグ一つだけで引っ越しをしました。

他の入居者を見ると、キャリーバッグひとつで入居している人が多かったですね。少し多くなっても、引っ越し会社にお願いするまでもなく、宅急便で荷物を送る程度で済むでしょう。

※宅急便の到着時間は、自分がシェアハウスにいる時間に設定しましょう。

まあ、僕の住んだシェアハウスは、個人の部屋がかなり狭かったので、必然的に運び込める荷物は少なかったから、そうであったのかも。

シェアハウスであっても、個人の部屋に家具が付いていない場合であば、引っ越しの荷物は増えることになります。

シェアハウスの売りの一つは、やはり引っ越しのときの荷物が少なくて良い、という点もあるでしょう。リビングやキッチン、洗濯機や冷蔵庫などの家電を共有できて、自分で購入して所有しなくてもよいのですよね。

個室部屋内の家具もすでに備えられているシェアハウスを選べば、運び入れる荷物を少なくなります。

僕のようにボストンバックひとつで入居したり、あるいはそれに加えて、宅急便で入居したあとに荷物が届くようにする程度で、ラクラク入居することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です