人事異動による引っ越しの費用を自己負担するのはおかしくないか

「人事異動で引っ越しをするときの費用は、会社が出すべきでは?会社の指示で引っ越すことになり、業務に関係したことでもあるのだから。」

と考えるのは、ふつうの感覚だと思う。

福利厚生が整っている会社であれば、会社が負担してくれることが多いかと思うが、そうでない会社もある。

会社が出すべきじゃないのか?の問いに対しては、会社の規則よる、としか言えない。

会社の規則で決まっているのであれば、会社が出すべきだし、決まっていないのであれば、会社は出す必要がない。

異動・転勤にともなう引っ越しにかかる費用

引っ越しのときに主にかかる費用は、

  • 賃貸契約の時にかかる初期費用
  • 交通費
  • 引っ越し業者に払う費用

などだ。

賃貸契約の時にかかる初期費用は、初月の家賃、仲介手数料、火災保険料、鍵交換費用、敷金、礼金などがある。

ワンルームを借りるとしたら、家賃の4~5ヵ月分程度にはなるだろう。僕の場合、敷金、礼金がなかったので、 4ヵ月程度であった(その代わり保証会社と契約する費用を払ったが敷金、礼金を支払うより安かった)。

また、引っ越し先の町の不動産屋に行って賃貸物件を探したり、契約をしに行ったりするために、交通費がかかる。引っ越し先が遠いと、この交通費も小さな金額ではすまなくなる。

引っ越し業者に払う費用も、一人暮らしとはいえ、けっこうな金額だ。閑散期で、単身引っ越しサービスで安くおさえたとしても、5万円にはなるだろう。

会社都合の引っ越しなら会社が費用を出すべきだとは思うが…

本来であれば、会社都合での異動・転勤であるのだから、引っ越し費用は会社が出すのが道理である気がする。

でも、そうなるかどうかは、会社によって様々で、会社の規則で「引っ越し費用は自己負担で支払うこと!」と決まっているのであれば、自分で支払うしかなくなる。

会社によっては、全額出してくれる会社もあれば、一定金額までは出してくれて、それ以上は自己負担の会社もあれば、すべて自己負担の会社の会社もある。

これは、住宅費の補助があるのか、育児休業がとれるのかといった福利厚生の話と同じで、引っ越し費用を出してくれる会社は、待遇がよいということです。

待遇がよい会社だと、引っ越し費用はすべて会社が負担し、住宅は会社が探してくれて、やり取りもしてくれる。

住宅および家賃は、役職によって自己負担率が変わるけど、会社が多くを出してくれる。

僕が異動によって引っ越ししたときも、このような待遇であった。よいほうなのだろうなと思った。

聞いてみるだけ聞いてみる

「会社は引っ越し費用を出してくれるのか?」と思ったら、会社の規則を読んで確認してみよう。

会社のほうから、なにも説明がないのであれば、聞いて確認すること。引っ越し間際になってからではなくて、異動・転勤および引っ越しの指示があってすぐに確認したほうがよい。

確認せずにそのまま引っ越しをしてしまうと、後からどうこう言えなくなる。

引っ越し費用は全額自己負担であるルールであっても、上司をとおして、総務にその理由を聞いたり、相談してみるくらいはしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です