明日の引っ越し準備が間に合わない。どうする?

一人暮らしで、引越し前に休みが1日でもあるのなら、落ち着いてほしい。引っ越し前の梱包作業は、十分に終わらせることができる。

明日引っ越しで、今はもう夕方だという場合、おそらく、記事を悠長に読んでいるヒマはあまりないだろう。

やることをシンプルに書く。

  • ダンボールやガムテープがなければ、ホームセンターへ行って買ってくる。
  • ダンボールがなくてホームセンターが閉まっている時間であれば、夜遅くまで開いているスーパーにでもいって、ダンボールをゲットする。
  • 梱包を始める。
  • 捨てるものが出てきたら、ゴミ袋に入れながら作業を進めていく。
  • 捨てるものと持っていくものに仕分けは、悩まず瞬時に行う。
  • というか、どんどん捨てほうがよい。梱包しなくてすむ。
  • ただし、重要なものまで捨てないように注意。
  • ダンボールに詰めなくても運べるものは、詰めなくてよい。詰めているだけ時間がかかってしまう。
  • 最後に、ゴミ袋をまとめて、ゴミ捨て場に持っていく。回収日が数日後であったとしても、しょうがない。置かせてもらう。

なんとか引っ越しをできる態勢を整えよう。そのためには、

まず、やることを書きだすこと。

そして、

すぐ作業を始めること。

一人暮らしであれば、前日の夜だけしか時間がなくても徹夜すれば間に合うはず。

1人だと無理!と判断したら、応援を呼ぼう。手伝ってくれそうな人に連絡をする。作業終了後に御礼は忘れずに。

朝早くに引っ越し会社に連絡して、荷造りのサービスがあるかどうか、あるなら引っ越し当日の今日、早く来てもらってできないか、聞いてみよう。

そういったサービスはないと言われたら、時間を引越しの時間を遅らせられないかお考えるかもしれないが、それは、おそらく無理だろう。スケジュールを組んでやっているから。

そして、頑張ったけど間に合わなかったら、梱包が間に合わなかった荷物だけ、また後日に運ぶしかない。

同じ業者でも別の業者でもいいので、再度契約をすることになる。

キャンセルするのは、最後の手段である。引っ越し会社は、スケジュール組んで人も車も手配してきているのだから、キャンセルしたらそれらがすべてパーになってしまう。

引っ越し日が退去日になっていて、必ず引っ越しをやらなければいけないとしたら、退去日をずらせないか確認してみる。

それが無理だったら万事休す、だ。

そうならないように、すぐに手を動かそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です