雨が降ったときは引っ越し会社にキャンセルしてもらえるのか?

引っ越し会社は、雨が降ろうと風が吹こうと、引っ越し作業を中止することはない。

雨対策を行いながらの引っ越し作業をしてくれるが、荷物が濡れたり、新しい部屋の床が濡れてしまうかもしれない。

それはイヤだなぁと、引っ越しをキャンセルしたくなることもあるだろう。

当日、または当日に雨が降ると天気予報が出た前日に、引っ越しをキャンセルすることはできるのだろうか。

結論から言うと、キャンセルは可能だ。

ただし、直前だとキャンセル料がかかる。

国土交通省が定めた標準引越運送約款なるものがある。引っ越しに関する基本的なルールを定めたもので、この約款を採用している引っ越し業者が多い。

この約款の第八章、第二十一条には、

  • 前日のキャンセル料金は、引っ越し費用の10%
  • 当日のキャンセル料金は、引っ越し費用の20%

と記載されている。

 第八章 運賃等

(運賃及び料金)

(中略)

第 二十一条  当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前日又は当日に行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、解約手数料又は延期手数料を請求しません。

2 前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。

一  見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の十パーセント以内

二  見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の二十パーセント以内

このルールに基づけば、キャンセル料を支払えば問題ないのだが、当然、引越し業者に迷惑がかかる。

※多くの引っ越し会社が、標準引越運送約款を採用しているが、中には独自のルールを持つ引っ越し会社もあるので、要確認である。その場合は、このキャンセル料になるとは限らない。

この日のためにトラックを手配して、人が来てくれて、時間をとってくれている。それがすべてオジャンになってしまう。

だから、引っ越し会社は、雨であっても作業を実行する。こちらが「当日にキャンセルで!」と言い放ったら、引越し会社の人はガックリと落ち込んでしまうか、怒りをあらわすだろう…。

さらに「来週は天気よさそうだから、来週にお願い」などと言うのは、虫がよすぎる。

キャンセルするのであれば、できるだけ早い段階にしたいけど、1週間先でも天気予報は当たらないからなぁ。

雨が降っても大丈夫なように荷造りしておくとか、自分で雨対策を行っておく。多少の雨であれば、がんばって引っ越しをしたい。

参考:本などが濡れないように、雨の日の引っ越しで行う対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です