引越しをラクにするには、荷造り前に物を捨てて荷物量減らそう

誰もが思うことだろうけど、引越しは大変。少しでもラクにしたいですよね。

そのもっとも有効な方法は、ものを捨てて荷物量を減らすことです。

この記事では、引っ越しをする前には大胆にものを捨てて、荷物を減らしてしまうとよいですよ、ということを書きました。

荷造りをしていると不要なものが出てきますよね。それらは捨ててしまうのは当然ですが、「これ一応持っていくか」といった必ずしも持っていたいわけではないけどあるとよいものが出てきます。それらも容赦なく捨てて運ぶ荷物を減らすようにすることをオススメします。

ダンボールなどに梱包をする手間や、新居で荷ほどきをして収納する手間が減るし、劇的に運ぶ荷物を減らすことができれば引越し費用もけっこう安くなるはずです。

さらに、引っ越し先での新しい生活が快適にもなります。使っていないものに囲まれて生活するのは、スマートではありません。部屋がごちゃごちゃしてきて、ストレスが溜まっていくのではないでしょうか。

本当にいるものと、いらないものを分け、本当にいるものだけを持って引っ越しをして、新しい生活していくようにしたいですね。

引越しは、ものを減らしてスマートな生活をしていくための、とてもいい機会。引越しを好機ととらえて、所有物を捨てて減らしてしまうことをオススメしたいです。

ミニマリストの引越し

極端に考えてみます。

ミニマリストと呼ばれる、持つものを減らして減らして、削って削って、シンプルな生活をしている人たちがいます。

最小限のものしか持たず、最小限のことしかしない人。このようなすっきりと部屋で暮らしている。


CHINTAI情報局

どのくらいミニマリストなのかで差があるだろうけど、突き詰めてやっている人の部屋を見ると、ガランとしていて、テーブル、イス、パソコン…そのくらいしか見当たらないです。押入れの中の衣服もわずか。

彼ら・彼女らが、引越しをするとしたら、家具、家電、衣類や生活用品などを詰めたダンボール数個。運ぶものはこの程度ではないでしょうか。

単身者用の引っ越しサービスで簡単に引越しができるでしょうから、引っ越し費用が安くなるはずです。

自分で車に荷物を積んで引越しすることも簡単にできそうです。ダンボール数個と小ぶりな家具くらいなら自分で運ぶのも苦ではない。重い冷蔵庫や洗濯機だけ運搬業者に依頼すればいいわけです。

自分の車にさっと荷を積んで移動するだけ。旅行にいくのと同じくらいの準備で引っ越しができるし、引っ越し費用もかかりません。

荷造りの前に思い切ってものを捨てる

まあ、ミニマリストまでいくのは難しいけれども、やはりものは減らして、荷物が少なくなれば少なくなるほど、スムーズに引っ越しができます。

ため込んでいるものを捨てる

家のなかを見まわしてみると、無いなら無いで困らないけど多く保有しているものがあるはずです。

たとえば、古くて使っていない趣味の道具、一度読んでその後は保管しっぱなしの本や雑誌、惰性で着ているダサい服、なんとなくとってある小物…などなど。

僕は、よく本を読みますが、一度読んだ後は二度と開くことなく棚にしまっている本が多数ありました。僕は引っ越しをする際に、こういった本をどんどん処分をしました。

また、ひょっとしたら何かに使えるかもなと思って、とってあったものがあります。商品の包装用紙などがそうです。

いい店で買い物すると立派な紙袋がついてくるし、靴を買えば紙箱がついてくる。それらを「何かに使うだろう」と思ってとっておいた。でも、その何かがあったためしがないです。

押入れの奥から出てくるものも捨てる

引っ越し前に荷造りをするとなると、いろんな所有物が出てくる。僕の場合も、押入れの奥から、

「そういえばこんなものがあったな」

「なんじゃこりゃ、こんなものがあったか」

といったものがいくつも掘り出されました。

よくわからん金具。

 

紙箱。

荷造りをする前に時間をとって、押入れの中などふだんあまり目にしないところに、捨ててよいものがないか見てみましょう。

ものを思い切りよく捨てるには基準が必要

捨てることによって、引越しの手間が減ると書いた。だが、捨てるべきものなのか・捨てないでおくべきものか選別するときに迷いすぎると、それ自体に時間がかかって、手間になってしまいます。

「う~ん、捨てようかな、どうしようかな」と迷う時間を減らし、「これは捨てる!」とサクサク決断していくためには、捨てるための基準が必要だ。

たとえば、

  • 1年間つかっていないものは捨てる
  • どうしようかなと迷った場合は捨てる

といったこと。

僕が使った、ものを捨てる基準について、下記の記事で説明しているので、よろしれば参考にしてほしいです。

参考:捨てられないものを捨てるための判断基準

引っ越しは、ものを整理することができるチャンス

上記したように、ある意味、引っ越しは、不要なものをあぶりだして捨てることができるチャンスでもある。これを機に整理をしたいですね。

整理とは、いるもの、いらないものを分けて、いらないものを除去することです。ふだん整理整頓に気をつかっていない方は、荷物整理のときに僕と同じようにいらないものが出てくるのではないかと思います。

着なくなった服、二度と読むことはないだろう本や雑誌、何に使うのかわからない小物、化粧品、道具、書類、とっておいた紙袋、オシャレな服の包装、靴が入っていた紙箱などなど。

参考:引越しの荷物が多いので思いきって捨てたもの

一応とっておきたいなと、「一応」がつく程度のものであれば、ここは思いきって捨てていきましょう。ミニマリストとまではいかなくても、ものを捨てて大幅に所有物を減らすことができれば、引っ越しをするのが、ラクになります。

荷造りの上手いやり方を考える前に、そもそも不要な荷物を梱包して運ぶという行為をやらなくてすむようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です