一人暮らし賃貸物件の初期費用の相場とそれを減らす方法

引っ越しで主にかかる費用は、

  • 賃貸契約の時にかかる初期費用
  • 引っ越し業者に払う費用

だ。

賃貸契約時にかかる初期費用の内訳

賃貸契約の時にかかる初期費用は、次のものがある。

  • 入居月の家賃(日割り)
  • 翌月の家賃
  • 管理費・共益費
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用
  • 消毒費
  • 敷金
  • 礼金
  • 保証会社との契約料

などがある。

●入居月の家賃(日割り)・・・入居した日から月末までの日数分の家賃。15日に入居するのであれば、15~31日間の家賃を支払う。

●翌月の家賃・・・入居した月の翌月分の家賃を支払う。

●管理費・共益費・・・マンションの共有スペースのメンテナンス費用だ。清掃をしたり。ワンルームなら3000~4000円。

●仲介手数料・・・家賃1ヵ月分

●火災保険料・・・2万円程度。火事があったときのための保険。

●鍵交換費用・・・1万5000円から、高いと3万円程度の相場だ。鍵を交換しないのもできるようだが、前の借主と同じ鍵をしようすることになるので、交換したほうがよい。

●消毒費・・・1~2万円程度かかる。入居前に消毒液の噴霧で、虫を駆除する。僕の最近の引っ越しのときの契約では、これはやってもやらなくてもよく、選べるようになっていた。

●敷金・・・家賃1~2ヵ月分。

●礼金・・・家賃1ヵ月分。

●保証会社との契約料・・・2~3万円程度。連帯保証人がいない場合には、家賃の支払いを保証する会社と契約することになる。また、連帯保証人をつけずに、保証会社と契約するやり方になっている場合もある。

僕が最近引っ越ししたときに見学した物件は、連帯保証人はつけずに、保証会社と契約する決まりになっていた。

賃貸契約時の初期費用の例

家賃5万円の物件に、ある月の15日に入居したとしよう。

敷金・礼金はそれぞれ家賃1ヵ月分、他の費用は相場の真ん中程度にすると、こうなる。

項目 金額
入居月の家賃(日割り) 25,000円
翌月の家賃  50,000円
 管理費・共益費  4,000円
 仲介手数料  50,000円
 火災保険料  20,000円
 鍵交換費用  20,000円
 消毒費  10,000円
 敷金  50,000円
 礼金  50,000円
 合計  279,000円

合計は279,000円となった。

では、敷金・礼金は無しで保証会社との契約料を支払い、消毒は行わないとすると、どうなるか。

項目 金額
入居月の家賃(日割り) 25,000円
翌月の家賃 50,000円
管理費・共益費 4,000円
仲介手数料 50,000円
火災保険料 20,000円
鍵交換費用 20,000円
保証会社との契約料 25,000円
合計 194,000円

合計は、194,000円となる。

ただし、保証会社との契約は、契約時の25,000円とまではいかないが、1年ごとに更新料がかかってしまう。だから、敷金・礼金は支払わずに、

引っ越し会社への支払う料金

繁忙期の3~4月以外での引っ越しで、荷物もそこそこで距離も遠くないのであれば、5万円~10万円程度になるかと思う。

その他、新しい住まいを探すときにかかる交通費や、不要品の廃棄費用、引っ越しでつかうダンボールやテープなどの購入、用意する生活用品にかかる出費などもある。

意外に細々としたところでも、費用がかさんでしまう。

引っ越しにかかる費用を安くする方法

新住居を契約するときの敷金・礼金が安い物件を探す、フリーレント物件で初月の家賃がかからない物件を探す方法がある。

所有物がたくさんあって運ぶ荷物が多いほど、当然ながら引っ越し会社への支払う料金は高くなってしまう。

だが、ものを減らして運ぶ荷物を少なくすれば、引っ越し費用は安くできる。

また、繁忙期の引っ越し費用は、引っ越ししたい人が殺到するために料金が高騰する。

引っ越し会社の費用を安くする極意は、運ぶ荷物を減らすこと、そして、需要の少ない時期、つまり閑散期の平日に引っ越しをすることだろう。

参考:引越しをラクにするには、荷造り前に物を捨てて荷物量減らすこと

参考:引っ越し費用を安くするための効果的な方法はズラすということ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です