賃貸解約した月の家賃は、どうやって支払うか

月の途中で住居を解約するとき、家賃の支払いはどうなるのだろうか。

支払いを月単位でなくて、1日単位で計算して支払うことが多いだろう。日割りである。

通常、家賃は前払いだ。

だから、退去した後にお金を支払うことはない。

翌月の途中で退去すると決まったのであれば、今月にその日数分だけ振り込み等で支払う。

たとえば、2018年の4月の分は、前月の3月末までに支払いを済ますわけだが、4月の途中で退去するなら、その分だけ支払うことになる。

2018年4月15日に途中に解約・退去するのであれば、日割りで15日分の金額を支払う。つまり、

家賃 ×(15日÷30日)

の金額を2018年3月の末に振り込む形となるだろう。

不動産会社にいって解約の手続きをするときに、この支払いについては説明があるはずだ。解約書類にもその金額が書かれている。

月の途中で解約するなら(ほとんどそうなるだろうけど)、最後の支払いは、誤って1ヵ月分を振り込まないように注意しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です