原状回復とは?借り手の負担、貸し手の負担を分けて考える

原状回復とは、賃貸住宅から退去するときに、部屋状態をもとの状態に戻すことです。

借りる前の状態にきちんと戻してから、返しましょうということですね。

国土交通省から出されている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に原状回復のことが記載されています。

原状回復するには、修繕の必要が出てきたりするわけですが、そのときには、借り手の負担と、貸し手の負担を分けて考えます。

経年劣化による変化は、借り手がもとに戻す必要はありません。貸し手の業者が修繕することになります。

もとの状態に戻すといっても、生活による消耗もあるし、モノは自然と劣化していきます。そういった時間がたつことによる劣化(経年劣化)による変化は除外されるのです。

一方で、借り手が部屋内のものを壊してしまったり、気付付けてしまったりしたら、借り手が修理費を負担するのがふつうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です