捨てられないものを捨てるための判断基準

荷造りの前には、ものを捨てて減らすようにしましょう。ものを減らせば、それだけ荷造り作業も荷物運び作業も少なくなり、引越しがラクになります。引っ越し料金も下がり、そして新しい住まいでの生活も快適になります。

しかし、それがいいとはわかっていても、なかなか捨てられない方もいるかと思います。

捨てられない理由は、なにを捨てて、なにを残すかの基準を持っていないからではないかでしょうか。どうしようかなと悩んでいるだけでは、ものをゴミ箱に放り込むことはできません。

また、基準を持っていたとしても、緩い基準では、残すものばかりになってしまいます。

この記事では、どんどんものを捨てて減らして、身軽に引っ越しするために、ものをすてるときの判断基準を紹介します。

ものを捨てるために基準を持つ

  • 未使用の時間による判断
  • またお金を出して手に入れたいかどうか

の2つで判断します。

未使用の時間がどのくらいなのかで必要かどうか判断する

「これ1年間使ってないな…」

そのようなものは、おそらく今後も使いません。長い期間使っていないものは必要ないのだと考えて、捨てる対象とします。

1年間といわず、半年間であっても使っていなければ、今後使わなそうですね。

シーズンものについては別途設定をします。スノーボードが趣味だった。今は仕事が忙しいけれども、落ち着いたら再開したいな、と思いながらボードを家に置いていたとします。1年ボードを使わなかったというだけでは、捨てるには少し早いかもしれない。たとえば、2年間スノーボードをやっていないのであれば、ボードを捨ててしまうなど、モノに合わせて設定します。

また手に入れたいか

いまこれを持っていなかったとしたら、またお金を出して買いたいと思うか?

捨てるか残すか考えているものと対峙して、本気で想像してみましょう。

もしも、これがないとして心の奥でどう感じるか、です。

また手に入れたいと本心で思うものは少ないはずです。となると、多くは捨ててもいいものとなります。

そもそも買うときの姿勢を見直さないといけない話。本心でいいと思ったものだけ買うようにすべきです。

僕は服を買うときに、探していいものが無かったら、まあこれでいっかと、買ってしまうことがありました。一部分、気に入らないデザインだったりする。本心でいいとは思っておらず、妥協して買ってしまうのです。こういうものは、もし今持っていなかったらまた手に入れたいと思うか?と問われると、そうは思いません。

そのようなものが増えてしまうと、ちょっと気になるけど…が、あらゆる服に存在することになります。そんな服を毎日着るのは、わずかなのかもしれないが、ストレスを溜めることにつながるのではないでしょうか。

お金を出せば手に入るかどうか

過去の思い出品は、勢いで捨ててしまって後悔することがあるかもしれません。

いくらお金を払っても、もう一度手に入れることができないからです。

お金を払って手に入れられるものであれば、あとでまた欲しくなっても手に入れることができます。だから捨ててしまってもよいのではないでしょうか。

心配ですか?でも大丈夫です。高い買い物をして手に入れたものであっても、結局は捨てたらどうでもよくなります。一度捨てたものをまた手に入れるということなど、僕は経験したことはないです。

これまでに5回目の引越しをしてきて、大量にものを捨ててきましたが、後になって「捨てなきゃよかった…」と思ったものはひとつも存在しません!

参考:引越しの荷物が多いので思いきって捨てたもの

私は本をよく読むので、部屋に山積みされています。

引越しのときに、溜まっていた本を大量に売ったり捨てたりしたけれども、引っ越した後に、「あの本、捨てちゃったな~。捨てなきゃよかった。もう一度読みたいな。」と思ったことは一度もないです。

もしも、また読みたいなと思ったら、また買えばいいだけです。ふたたび手に入れることができるものであれば、躊躇なく捨ててしまってもいいのではないかと思います。

エイヤッ!で捨てる

持ちものの中で、一番大事なものはなんでしょうか?僕は、持っているもののなかでは、本が一番大切な気がします。これは人によって異なるもので、服が一番大事と思う人もいれば、家具が大事だと思う人もいるでしょう。

大事だと思っていた本を思い切って捨てても、あとで困ることはほとんどなかった。捨てた瞬間にその本のことは忘れてしまう気がします。そんなものなのだから、捨てにくいものでもあっても、

エイヤッ!

と思い切って捨ててしまいましょう。

いくら考えても答えは出ないことがたくさんあります。そんなときには、やってみるしかないです。

お金を出せば買えるものなど、取り返しがつくものは、捨ててみてどうなるのか、やってみればよいのです。ただ、上記したが、思い入れのあるもので、捨てたら二度と手に入れられないものは、これをやらないほうがよいと思います。

引っ越しのときにものを減らしたいときには、あなたの思い切りのよさ、捨てる勇気が試されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です