引っ越し前、不要品の処分の方法がわからないときにはトレファク引越を活用しよう

引っ越しする前には、不要品を洗い出して捨てるか、または買い取ってもらうかするけれども、これが、なかなかめんどう…。

リサイクル会社の出張買取に来てもらったり、あるいはリサイクルショップに売りに行ったり。

自治体で処分するのも、処分センターに持ち込んだり、連絡して予約をして収集してもらったりと手間がかかる。

そんな手間のかかる不要品の処分を、引っ越しとまとめてできてしまうサービスがある。

トレジャーファクトリーの「トレファク引越」だ。

トレジャーファクトリーは全国にリサイクルショップを展開している会社で、出張で買い取りのサービスがあり、それと引っ越しを合わせたサービスを行っている。

引っ越し作業で荷物を運び出すときに、不要品は買い取り・または処理を行ってくれるのだ。

だから、不要品を処理するために、リサイクル会社に連絡して家に来てもらったり、リサイクルショップに持っていったりする手間が、ひとつ省けるのだ。

これは、面白いサービスだなと思った。

引っ越し+買い取りサービスの特徴

ポイントは4つだ。

買い取り・引っ越しの見積もりを同時に行う

引っ越しの見積もりのために担当者が自宅を訪問したときに、一緒に買い取り品の査定も行う。

僕が電話で聞いてみたところ、電話での見積もりは行っていないそうだ。ふつうの大手引っ越し会社では、買い取り品の査定もあるので、実際に見なくてはならないためだと思う。

引っ越し額から買い取り金額を引く

買い取り金額が10,000円となったら、引っ越し費用が10,000円安くなるということだ。

僕は、引っ越し費用を減らしたいなら、ものを減らすのがよいと考えている。ものが減って運ぶものが減る分、引っ越し費用が安くなるからだ。

しかし、このサービスでは、ものが減って引っ越しで運ぶものが減るから安くなるというだけではなくて、買い取ってもらってお金をもらえることで、さらにトクだ。

これを、引っ越し作業を合わせて行うので、買い取りしたもらうためだけに手間がかからないところがよい。

買い取りができないものも処分

トレジャーファクトリーのお店では売ることができないと判断し、買い取り金額がつかないものであっても、処分をしてくれる。

買い取り品・処分品は引っ越しの日までつかえる

ふつうにどこかで買い取ってもらったり、処分したりするなら、引っ越しの何日か前に行うので、そのときに使用はできなくなる。

しかし、訪問見積もりのときに、買い取りってもらうのであれば、引っ越しの当日までつかうことができる。

「トレファク引越」の利用

上記したが、見積もりは訪問で行っている。

この「トレファク引越」のサービスを活用すれば、不要品を処分する手間を省くことができるし、引っ越し費用が下がるかもしれない。一度来てもらって、見積もりをとってとるだけもよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です