契約には何をするか、どのくらいの時間がかかるか

不動産会社に行って契約をするときには、どのくらいの時間がかかるか?

契約の重要事項の読み上げ、契約内容の確認、各種書類へのサイン・捺印などを行うのでけっこう時間かかる。

前回の賃貸契約のときには、1時間50分かかった。約2時間であった。

何をするか

重要事項の確認

重要事項説明書を読み上げて説明がなされる。

その名前のとおり、契約に関する重要なことを記載した書類で、宅地建物取引士がこれを読み上げて、借主と相互確認する作業だ。

契約書内容の確認とサイン

建物賃貸借契約書を確認し、サインをする。不動産会社の担当者が契約内容を説明してくれるが、その内容は多い。

保証会社との契約書の確認とサイン

連帯保証人をたてずに、家賃の保証会社を活用する場合は、契約書の記入がある。

個人情報取り扱いに関する同意書の確認とサイン

管理会社、保証会社の「個人情報の取り扱いに関する同意書」の確認とサイン。管理会社や保証会社が、このように個人情報を扱いますと説明書きがある。

その他

  • 家賃の引き落としに関する書類の記入
  • 入居者の順守事項に関する書類の確認とサイン
  • ゴミ出しやトラブル発生時の対応に関する説明

などがある。

契約する時間は午前中がよい

いろいろな書類を確認したり、記入をしたりしていると、だんだん疲れてくる。

最初の30分くらいは集中できるけど、途中から「早く終わらないかな~」とか思うようになる。最後にはぐったり疲れている。

その日の夕方など遅い時間だと、1日行動してきてから行うので、より大変な気がする。

午前中のまだ元気な時間に、契約を行いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です