賃貸契約をするために必要な持ち物

賃貸契約時に必要な持ちものは、

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 収入証明書(源泉徴収票など)
  • 銀行印・認め印
  • 銀行口座がわかるもの(通帳など)
  • 連帯保証人の住民票(連帯保証人をたてる場合)
  • 連帯保証人の印鑑証明書

などがある。また、自分の今の住所や保証人または、緊急連絡先の人の住所や生年月日なども記入するので、把握しておこう。

これらが基本ではあるが、不動産会社、契約内容によって、必要な書類は変わることを知っておこう。

家賃の保証会社と契約をするなら、連帯保証人は不要ないので、連帯保証人の住民票や印鑑証明書はいらないだろう。

僕の場合は、印鑑証明書、収入証明書などは不要であった。

契約書を郵送してもらって、サイン・捺印を行い、住民票などとともに返送することもあるから、その場合には、そもそも不動産会社に持っていく持ち物はない。

契約をすることが決まったら、早い段階で必要なものを確認しておこう。口頭でなくてメールでもらうほうが正確だろう。契約時に「用意してこなかった!」とならないようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です