賃貸の部屋の鍵は入居日よりも早くもらうことができる?当日?前日になる?

入居日(契約開始日)に鍵をもらうのが基本だ。ただ、その日が不動産会社が休みであれば、前日にもらうことができるだろう。

また、とくに入居日が休みでなかったとしても、前日くらいであれば、鍵をくれる。

僕の経験では、前日に鍵をもらうことはできた。そのときお世話になった不動産会社曰く、引っ越しの前日になら鍵を渡せるが、それより前の日には渡せないとのことであった。

ふつうに考えると、原則的にこうなると思う。

1週間前とかに鍵を渡してしまったら、借主が契約開始していないのに、家の中に入れてしまうことになるので、それはおかしい気がする。

基本は入居する当日(契約開始日)に渡す。で、まあその前日であればいいかなという感じであろう。

中には、入居日よりも早く鍵をもらって、そんで荷物だけ入れさせてもらったということはあるようだが…。大家さんがおおらかな人なのだろう…。

もしもだが、火事だとか何か問題が発生した場合、保険は効いていないので補償はされない。そういったことを考えるとこわいなと思う。

不動産取引はざっくりと、「物件の見学」→「申し込み」→「重要事項の説明」→「契約書に記名・押印」→「契約開始・入居」となる。

契約開始・入居するときに、実際に部屋の鍵を渡すのであり、その日から家賃発生となる。

それ以前に、なにかの事情(たとえば、カーテンの寸法を測るなど?)で部屋に入るのだとしたら、見学するときのように不動産会社に鍵を開けてもらって一緒に入るのがふつうの感覚だろう。

「引っ越しをして荷物を運び入れるのだけを先にやって、自分は後日入居したい」

そう思うのであれば、その分、契約開始日を早めて契約すればいいだけだと思う。その間は、自分は住んでいないけど、家賃は発生する。これはしかたない、というか普通の感覚だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です