引っ越す日に退去立ち会いをするか、後日にするか

引っ越しをするのは、退去する日よりも前であれば、いつでもよい。

退去立ち会いは、引っ越しをして部屋を空っぽにした状態で、立ち会いをする。そこで、部屋の傷や汚れなどを確認し、原状回復について話し合う。そして、鍵を返す。

だから、退去立ち会いをする前に、引っ越しを済ませておかなければならないが、

  • 引っ越しをした後日に退去立ち会いを行う(同じ日でない)
  • 引っ越しと退去立ち会いを同じ日に行う

のどちらでもよい。

引っ越しをした後日に退去立ち会いを行う

引っ越しを完了させてから、後日に退去立ち会いをする方法だ。同じ日にはやらない。

僕がやったときはこうであった。引っ越しをして新居に荷物を運び、その日はそのまま新居で夜を過ごした。

その次の日に、旧住居に戻って退去立ち会いを行い、また新住居に移動をした。

メリットは、引っ越し日に時間の余裕ができることだ。

デメリットは、引っ越したのに、旧住居に戻って退去立ち会いをしなければいけいない点だ。

新住居がとても遠いところであると、退去立ち会いのためだけに、旧住居にやってこないといけないので、時間もお金もかかってしまう。

引っ越しと退去立ち会いを同じ日に行う

引っ越し作業をして荷物を搬出をしたその後すぐ、同じ日に退去立ち会いをする。できるならそうしたいと誰もが思うだろう。それには次のようなメリットがあるからだ。

メリット

新住居に移ったあとに旧住居にやってくる必要がなくなる点がメリットだ。少し上に書いたように、新住居に引っ越ししたのに、また旧住居に戻ってこないといけなくなる。

新住居と旧住居が離れているほど、このメリットは大きい。

デメリット

だが、引っ越し作業の時間、退去立ち会いの時間、ガスの使用停止の立ち会い(が必要なら)時間などなど、調整をするのが大変だ。

それに、引っ越し作業で荷物をトラックに積み終わるのに、どれだけの時間がかかるのかは、正確には読むことができないため、次のような問題がある。

新しい住居の前で引っ越し会社を待たせる可能性がある

退去立ち会いが終わったら、すぐに新しい住居に向かうことになるが、立ち会いしている間に引っ越し会社のトラックは、新居に向かってしまっている。

多少の時間は待ってくれるだろうけど、2時間も3時間も待たせることになると、「それは困る」と言われてしまうのではないだろうか。

荷物をトラックに積むのが早く終わったり、立ち会いの時間が遅れてしまったりするかもしれない。一人暮らしのアパート・マンションなら、退去立ち会いの時間が30分~1時間程度だろうけど、それが長引くこともあるかもしれない。

僕の体験で、退去立ち会いの時間が、3時間くらい遅れてしまったことがある。それは、僕のせいではなくて、業者側のミスで、である。

退去立ち合いの時間になって、僕、大家さん、不動産会社の担当者がそろったのだけど、リフォーム会社の人がやってこない。

不動産会社の人が電話すると、普通に他の場所で仕事をしていた。不動産会社からの日時の連絡がいってなかったか、リフォーム会社が忘れていたか、どちらかである。

なんてことがあった。

なにが起こるかわからんので、いくら計画をうまく立てたとしても、時間がズレてしまうことがありえる。

引っ越し作業が終わる前に、退去立ち合いの時間になってしまう可能性

引っ越し会社が約束の時間に遅れてくることはまずないと思うが、聞いていた作業時間よりも、長くかかってしまうことはありえる。

引っ越し作業を10時から行って、1時間で完了すると聞いていたから、10時30分に退去立ち会いを設定した。そしたら、引っ越し作業に時間がかかって、10時30分になっても終わっていないのに、大家さんやリフォーム会社の人がやってきてしまった。

このようになってしまうことがありえる。

また、引っ越しで午後フリープランを利用するなら、開始時間すらちゃんと読めない。

午後フリープランとは、午前中に他の人の引っ越しを行っていて、それが終わったら、こちらにやってくるというプラン。

やってくる時間が何時になるか、おおよそでしかわからないのである。

引越し作業をしている間に、退去立ち会いをする大家さんや不動産会社の人たちがやってきたら、どうしようもできない。

また、引っ越し作業をしたあとには、軽く掃き掃除、拭き掃除くらいはしておきたいから、多少の時間がほしいものだ。

だからといって、引っ越しの作業の後の退去立ち会い時間を、遅い時間に設定してしまうと、やはり引っ越し会社を新住居の前で待たせてしまうことになる。

「退去立ち合い」と「引越し」を同じ日にして上手くやる方法

引越し会社に鍵を渡して先に搬入しておいてもらう

引越し会社によると、引越し会社に鍵を渡してしまい、「先に新しい住居に着いたら、搬入していてもらう」というのもOKらしい。

自分がいないところで勝手に搬入してもらうは嫌だ、と思う人のほうが多いだろうけど、別に気にならないのであれば、鍵を渡してしまうのもいいかもしれない。

自分が退去立ち会いをして、遅れて移動している間に、新しい住居への搬入作業をしてもらい、自分が到着するころには、作業完了している算段である。

家族、知人に搬入対応をお願いする

自分ではない他の人に、新しい住居での搬入の対応をお願いすることもよい。

家族、知人に新しい住居での搬入対応をやってもらえれば、自分は退去の立ち会いに専念できる。

荷物の搬出と搬入を別の日にする

引越しで見積もり依頼をしていると、こんな引越し方法でやっている会社があった。

搬出した荷物をトラックに積んだら、その日には引っ越し先には荷物を運ばず、翌日や翌々日に荷物を運ぶ、という会社もあった。ちなみにその会社はアート引越しセンター(いつもどこでもそうなのかは不明)。

新旧住居の距離は100kmくらいで、2時間もトラックを走らせれば、新しい住居に行けるのだから、旧住居から荷物を出したその日に、新しい住居に荷物を運ぶのが普通じゃないの?と思っていた。

しかし、引っ越し会社は、なぜか別の日に行うと言うのであった。

翌日に新しい住居に荷物を運ぶとしたら、これを利用することで、旧住居と新住居の行き来をなくすことができる。

  • 午前中に引越し作業を開始して、荷物をトラックに積み、部屋を空っぽにする。
  • この時間であれば、絶対に引越し作業が終わっているという時間に、退去の立ち会いをする。
  • その日の夜は、実家や知人宅、ホテルなどに泊まる。
  • 翌日に新しい住居に行って、荷物を受け入れる。

こうすれば、引越し作業と退去立ち会いを同じ日に、余裕をもって行うことができる。

ホテルに泊まったら、ホテル代がかかってしまうのだが…。旧住居か新住居の近く、またはその間に実家があれば、この作戦はつかえると思う。

余裕をもつためには

それができなければ、やはり、退去立ち会い日よりも前の日に引越し作業をしておくのがベターだ。余裕をもって行動することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です