一人暮らしの引っ越し当日、作業の時間はどのくらいかかるのか

一人暮らしで、引っ越し会社に依頼をしたとき、作業時間はどのくらいかかるのだろうか。計画を立てるためには、把握しておきたい。

一人暮らしの方の荷物は、洗濯機や冷蔵庫、炊飯機などの家電、机やイス、棚などの家具、パソコンやプリンター、その他の小物はダンボールに梱包す、10~20個程度となるかと思う。

僕の場合は、本が多かったので、ダンボールの数は19箱になった。

参考:男一人暮らしの荷物はどのくらい?ダンボールは何個分なのか

搬出作業の時間

やってきた引っ越し会社は、まず、どんな荷物があるか、搬出経路の確認をする。

梱包がすでに終わっているのであれば、部屋の出口付近の壁の養生・保護、運び出し、最終チェックなど合わせても、1時間ほどで作業は終わるだろう。

時間をかけないようにするには、きちんとすべての梱包を終わらせておき、解体するものは解体を完了させておくことだ。

引っ越し会社の人が来てから、慌てて作業をするようでは、運び出し作業が遅くなってしまう。

搬入作業の時間

新居への搬入作業は、基本は荷物をそのまま運び入れるのみだ。

部屋の出口付近の壁の養生・保護、運び入れ、最終チェックなど合わせても、搬出のときと同様、1時間ほどで作業は終わるだろう。

ただ、マンションの4階だの5階だのに部屋があって、エレベーターもないところであれば、そのぶん運ぶ時間は増えてしまう。

逆に、1階の部屋で、さらに窓の前にトラックをつけられるのであれば、運び入れる作業はとても速く進む。

また、どこに何を置くのかテキパキと指示をしてあげることも大事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です